原材料や栄養素にこだわる

免疫力の向上や細胞の活性化など、クロレラの効能をご紹介

安全な製品を手にするためには、原材料や製法まで知ることが大切です。

原材料や製法を調べましょう

良質な製品と出会うためには、最適な原材料を使用しているか製造過程が安心できるかがポイント。さらに、栄養成分の含有量も知ることが大切です。

  • 原材料
    きちんと種や産地が記載されている製品を選ぶこと。
  • 製造方法
    過度の熱処理が施されていると、栄養素が損なわれている場合があるので要注意。
  • 栄養成分表示
    その製法により、含有量は異なります。表示をしっかりチェック!

安全性をチェック

相次ぐ産地偽造や残留農薬の問題など、食への不安が高まっている昨今。クロレラも例外ではなく、製品によっては不純物などが混入している危険があります。

同じような製品で迷った時には、JHFAマーク認定商品が安心して選ぶポイントになります。

JHFAマークとは、財団法人「日本健康・栄養食品協会」が厚生省指導のもとに設定した品目別規格基準に基づき、協会の厳正な審査をパスした製品に対してのみ、その表示が許可されたものです。

良質なクロレラとは

クロレラ商品のほとんどは、タンクで培養されたクロレラが原料となっています。

クロレラの培養には、「光合成培養」と「非光合成培養」があります。

光合成培養とは、培養タンクに日光を通して培養しているので、クロレラの重要な栄養素である葉緑素やビタミン、ミネラルなどの含有量が多くなります。

非光合成培養は、栄養成分は光合成培養に劣りますが、価格はやや安くなります。

ただし、光合成培養ならどの製品も一緒かというと、答えはNOです。部位により、含まれる栄養成分も違ってきますし、人工のタンク培養ではなく、厳しい自然環境と太陽光があたる天然の屋外培養プールで育てた自然由来のものがオススメです。

有効な栄養成分を知ることが大切

クロレラの60%は、良質なたんぱく質から成っています。

その他にも炭水化物や葉緑素(クロロフィル)、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、B群、Eなど健康には欠かすことのできない多種多様の豊富な栄養素が含まれています。

中でも注目したい成分がクロレラならではの「葉緑素」です。

この葉緑素には、毒性の強い物質を吸着する力があるため、有害な物質を除去するために小腸のすみずみにまで働き、整腸作用があります。デトックス効果も期待できます♪

≪葉緑素が多く含まれている安全なクロレラ製品はこちら≫

クロレラの効能まとめサイト